今月の動画配信情報
HULU

トゥモローウォーは二重の親子関係を描いた新しいアクション映画

トゥモローウォーは二重の親子関係を描いた新しいアクション映画

トゥモローウォーは、人類滅亡がかかった未来の戦争に対し、過去に生きる一般人が兵士として未来に送り込まれるという映画なんですが、ただ単に、過去から未来にいき敵を倒すという様な鉄板作品では無いため、案外楽しめる映画でした。

今回は、トゥモローウォーのネタバレを含め、感想もついでに述べていきます。

トゥモローウォーの大まかな物語

トゥモローウォーの映画では、未来で起きている戦争の助けが必要という事で、未来人が地球に登場します。
そこでは未来で起きている戦争で、人類は滅亡の危機になっているという事。そしてその戦争を勝つために戦闘員が不足しているという事。その助けとしてワームホールを抜けて過去に援軍要求をしにやってきました。

そこから、現代人は兵士ではない一般人も含め、戦闘員として未来に送り込まれていきます。

トゥモローウォーの敵は強敵

トゥモローウォーの敵はとても強力な宇宙人です。
銃弾も致命傷を負わせる事が難しく、多くの人間が犠牲になる。

その中で、主人公は兵士として、敵の急所を見抜きながら戦っていきます。その援護に回ってくれたのが、一人の女性でした。

トゥモローウォーで上官として存在した女性は娘だった

トゥモローウォーで上官として存在していた女性なんですが、この女性は主人公の娘だった。
主人公の男性は、過去から未来に飛ばれています。その時、現代では娘はまだ小さい子供だったのですが、未来では大きく成長し軍人として活躍していた

主人公と娘の間でトラブルが

主人公は知らない事実だが、未来では、主人公の男性が母親と娘をすててどこかに行った。
という設定になっているらしく、娘は過去からやってきたお父さんを恨んでいた。ギスギスした関係のまま物語は進み、二人の活躍もあり、宇宙人を倒す毒薬を完成させる。

後はその毒薬を宇宙人に向けて放つという所で、大勢の宇宙人の襲来にあってします。
そこで、娘は犠牲になるんですが、犠牲になる前に、お父さんにむけて、過去に毒薬を持ち帰るように言われ、お父さんはその毒薬を過去に持ち帰ります。

主人公が過去に戻り宇宙人を壊滅

主人公は毒薬を過去に持ち帰り、宇宙人が襲来する日に向けて毒薬を活用し倒す為に行動するのですが、宇宙人が襲来した日は未来で聞かされていなかった。というよりは未来でも宇宙人が地球にやってきた詳細な日付がわかっていなかったんです。

そこで宇宙人が地球に降り立った日にちを逆算していくと、何千年も前に地球にやってきていた事がわかり、分厚い南極の氷の中で冬眠状態にある事がわかった。

そこで南極の氷の中で冬眠している宇宙人を抹殺しに、軍人でもある主人公の父親と共闘し、宇宙人抹殺に動く。

映画の後半はお父さんとの共闘

映画の前半は、主人公の実の娘との共闘で始まり、映画の終盤は主人公の実の父親との共闘で終わる。

どちらも、親子関係に問題を抱えており、最初は信頼などなかったのだが、最後には本当の思いを打ち明けるシーンが各親子関係で描かれており、とても新鮮な形の物語だった。

まだ見たことない人は是非、見てみるといいです。
楽しいですよ

動画の感想や評価をお願いします

サブコンテンツ